マウンテンシャツパーカ ブラック Mountain Shirt Parka, Black/Workers


マウンテンパーカworkers
マウンテンパーカworkers
マウンテンパーカworkers

※撮影時の男性モデルの体型…身長168cm、体重58kg、肩幅44cm、胸囲93cm、ウエスト75cm、肩から手首までの腕の長さ55.5cm(商品はXSサイズを着用。)
ふだんは一般的なメンズ服のSサイズはジャスト丈で、Mサイズはゆとりをもってを着用している体型です。

マウンテンパーカworkers
マウンテンパーカworkers

ネックまわりはフードの口部分にゴムで絞りを入れています。
実際に人が着るとわかりやすいネック周り。注意したのがフードが後ろに抜けないように、かといって窮屈にならないようにというパターンの各部寸法。

マウンテンパーカworkers

◆WORKERSが伝えたいこと◆


マウンテンパーカを春夏も着たい、そこから着想を得た一枚。

今回、このパーカーを開発するにあたり「シャツ工場で無理なく縫える仕様」が一つのテーマとしてありました。
そのため、袖口にしても裏地を付けた始末とは違う、
1枚物の始末でかつ効率よく、見栄え良く、機能性もある。
そんなときに、袖の適度な太さをキープしつつ、調整も出来て、作り方もシンプル。
一石二鳥どころか、三鳥のこの仕様を思いついたのです。
さらに、BIGYANKのカフスの作り方にスポーツジャケットでおなじみの調整機構を追加。
我ながら、非常に考えられた仕様だと思います。
たかがカフスと思うなかれ、メーカーはこんな部分に魂を込めているのです。

マウンテンパーカworkers
腰ポケットは脇からハンドウォーマー+上から物が入る二重構造。
一見すると以前から作っている形ですが、
微妙にポケット本体上部の始末を変えてより強度を高めています。

マウンテンパーカworkers
腰二重ポケットの開口部にもカンヌキ止め。
これも、細かすぎると身頃生地を切ってしまうので若干粗めに。
実は、前回と仕様を若干変えています。本体ポケット上端をフラップまで縫いこんでいません。
これにより、脇から手を入れた状態で前に引っ張っても生地がすっぽ抜けない。

マウンテンパーカworkers
袖口は開きの無いタイプ。
この「開きの無い」でピンと来た方、そうです。BIGYANKの開きの無いカフスを転用しています。
このあたりもMountain "Shirt" Parkaなのです。
袖口に空きが無いので、ある程度、袖を太くしないといけないのですが、
それがかえってこのマウンテンパーカの少しゆったりしたシルエットと良くマッチしています。

袖ぐりは折り伏せ縫い、脇は巻き縫いと、裏から見ても縫い代やロックが見えないようなすっきりした仕様。身頃のラグランのライン自体、その後に縫う脇が縫いやすいまっすぐになるよう、角度を計算しています。

マウンテンパーカworkers
ネームはどこかで見たような筆記体タグ。60-70年代アウトドアウェア的なネーム。

マウンテンパーカworkers
裏地を無くし、仕様も極力シンプルに。
フードからはドローコードを無くし、ゴムを。
ウェストのドローコードもあえて無くしました。


マウンテンパーカworkers
生地は撥水性があり、水滴は玉状になります。
国産の60/40クロス。綿60%・ナイロン40%。
タテにナイロン・ヨコに綿で織った「交織」生地。
その名の通り、綿の吸収性・通気性と、
ナイロンの速乾性・防風性を併せ持つ60〜70年代アウトドアウェアではおなじみの素材です。

By.WORKERS

マウンテンパーカworkers
マウンテンパーカworkers
マウンテンパーカworkers

◆実際に着てみた感想・サイズの選び方◆


マウンテンシャツパーカが復活!
ワーカーズの中でも、突き詰められたデザインが際立つアイテムなだけに
再リリースを待っていた方も多いのではないでしょうか。

一見すると以前から作っているのと同じ形ですが、
ポケット本体上部の強度がより高められるなど、細かな部分に改良が加えられています。

前作は僕自身も愛用していて、合わせる中でずっと考えていたのが
「これタイトめに着たら格好良いのでは?」ということでした。

今回のリリースにあたっては、小さめサイズを試してみたところ…
これが予想以上に格好良い。
スタイリッシュな印象で着ることができました。

本作マウンテンシャツパーカに限らず、
ワーカーズのアイテムは運動量がしっかりと確保してあります。
つまり、もともとの大きさに幾分かの余裕があるということです。

だから、普段選ばれているサイズ表記で調度よく着用できているならば
わざと1サイズ小さいものを選んでも大丈夫であることが多いのです。
(着用者が求めるシルエットによって、
ある程度、前後して選べるサイズバランスであると言えます。)


特に本作の場合は、腕まわりは決して細いという数値ではないのだけれど
ボディとの対比で、すらりと細身に見えます。

感覚としては、普段ワーカーズで
Mサイズを選ばれる方はSサイズを。
Sサイズを選ばれる方はXSサイズを。
というように1サイズ落としていただくとこのようなバランスになります。
(もともと胴廻りに許容量があるからこそ、着用バランスが自由なんですね。)

イメージとしては、シャツ的な着方をお試しください。
小さめのフードもがアクセントになって、本当に良いバランスになります。

生地は撥水性のある60/40クロスで、程良い高級感もあり、日常の使い勝手も良い。
ミニマルでシンプルなイメージのアウターです。

By.Mamechico


●素材
5.0オンス・コットン60%・ナイロン40% 60/40クロス

●附属
ミシェールスナップ

●縫製
総スパン糸

●価格
18500円(本体価格)

●状態
製品はノンウォッシュです。


●寸法

XSサイズ:
身幅…52.5cm
脇の下から袖口までの長さ…60.5cm
ゆき丈…87.0cm
着丈…71.0cm
袖口幅…10.5〜12.5cm

Sサイズ:
身幅…53.5cm
脇の下から袖口までの長さ…62.0cm
ゆき丈…89.0cm
着丈…71.5cm
袖口幅…10.5〜12.5cm

※「ゆき丈」とは、首の付け根の中心から袖口(手首)までの長さです。
 今回の商品はラグラン袖のため、このような表記にしております。

実際の商品の実寸を計測しています。採寸方法による誤差はご容赦ください。
平置き採寸のため、身幅、袖口幅は2倍してお考えください。
アウター、トップスの寸法計測の目安


ワーカーズブランドロゴ
Workers K&T/ワーカーズは、古いアメリカのワークウェアを基本に再現しつつ現代に合わせたものづくりをしている、岡山県倉敷市のブランド。デニムの聖地、岡山県倉敷市で企画・生産されています。オリジナルそのものを解体し、資料を辿り、時代背景にまで深く深く踏み込んだうえ、あくまで実用性に則した変更を加えていける柔軟性に私たち雑貨屋マメチコは、強く惹かれます。古着好きの「こうであって欲しい」を残しつつ、あくまで「今」着るために必要な要素を加えてリリースされる製品はクオリティと値段のバランスも良く、自信を持っておすすめできる製品です。

→その他の販売中のWORKERS商品を見る
  • マウンテンシャツパーカ ブラック Mountain Shirt Parka, Black/Workers

マウンテンシャツパーカ ブラック Mountain Shirt Parka, Black/Workers

w209

19,980円(税込)

在庫状況 0・点

 
メンズXS19,980円(税込)
0・点
メンズS19,980円(税込)
0・点
  • サイズ
購入数
  • サイズ
 
メンズXS19,980円(税込)
0・点
メンズS19,980円(税込)
0・点

営業日カレンダー

2017年5月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
赤色:休業日(商品発送は翌日になります)

モバイルショップ

バーコード

ビンテージ古着
WEB SHOP 探検隊

ヨーロッパ古着   Shop-Bell