ベーカーパンツ スタンダードフィット オリーブドラブ Baker Pants, Standard Fit, OD/Workers


workersベーカーパンツ
workersベーカーパンツ
workersベーカーパンツ
workersベーカーパンツ
workersベーカーパンツ

※撮影時の男性モデルの体型…身長168cm、体重58kg、肩幅44cm、胸囲93cm、ウエスト75cm、肩から手首までの腕の長さ55.5cm
ふだんは一般的なメンズ服の14.5(S)サイズはジャスト丈で、15.5(M)サイズはややゆとりをもって着られる体型をしています。
今回の撮影では、XSサイズを着用しています。

 商品の特徴


workersベーカーパンツ
WORKERSではおなじみのベーカーパンツ。ビンテージほぼそのままで股上だけちょっと浅くしたStandardシルエット。腰回りは、Standardとほとんど同じで膝・裾を現代的に絞ったSlimの2シルエット。

workersベーカーパンツ
workersベーカーパンツ
やはりベーカーパンツと言えばフロントはボタンフライ、ヒヨクにカン止めで止めたクラシックなトラウザー始末。

workersベーカーパンツ
ループは上部を帯に流し込み。今では「オートベルター」と呼ばれる、足でペダルを踏むと、ループを所定の長さに切って・上下を折って・カンヌキで止める、ミシンがあるのであまり使われなくなった仕様。それをあえて、取り入れるのは、やはりクラシックなベーカーと言えばこれだ!という勝手な思い込みです。でも、そういう、どうでも良い事が私にとっては大事な事なのです。
古着を見て「なんでこういう縫い方してるんだ?」と思って考え、理由を突き止め、それを再現する。ベーカーも、やっぱり現代的な作りの物と古着オリジナルでは全体の雰囲気が違う。それは縫いやパターンもそうですが、こういう縫いの細かな部分も関係していて、その総体が「雰囲気」なのだと思います。

workersベーカーパンツ
トップボタンは手付で、足をつけています。今回から、ボタンホール側、トップ部分の中にある生地を無くして薄くなっているのでかなりボタンはかけやすい。でも、やはり一番力がかかる部分なので手付・根巻にしています。

workersベーカーパンツ
久しぶりに復活、腰裏環縫い。オリジナルも環縫いあり、普通の平ミシンあり。どちらもありですが、やはり私は環縫い始末が好きです。

workersベーカーパンツ
ネームはミリタリー風の物を。サイズネーム+シルエットがわかるようにスタンプ。

workersベーカーパンツ
バックは2ポケット+フラップ。ポケットを取り付け部分より少し大き目に作っているので手が入れやすい。ゆとりができて、それがポケットに皺として見えます。

workersベーカーパンツ
ベーカーパンツはヒップにダーツがありません。なので、モデルが着ているのを見てもウェストボタンをしめない状態でジャストにすると若干、尻がきつそう。本来は、少し大き目を、ボタン締めてはいた方がより快適にはけます。ただ、生地は伸びるものなので、このあたりは、微妙な問題でもあります。おそらく、このモデル、いつもジーンズで31-32、ベーカーはSをはきます。このベーカーもしばらくはけば、伸びるのでそうするとちょうど良くなるようにも感じます。

workersベーカーパンツ
そのウェスト調節ボタン。もし、「伸びたな、まだゆるいな」と感じたら、左側のボタンを取ってさらに内側に移動。ちょっと面倒ですが、ベーカーはベルトしないで楽には着たいのでお勧めです。

 WORKERSが伝えたいこと



おなじみ、ビンテージを解体、MIL-SPECを読み込んで作ったベーカーパンツ。
Standard Fitはビンテージをトレースし、また上だけ少しオリジナルよりは浅く。
安価な輸入品と何が違う?といわれれば、生地・パターン・縫製が違います。
オリジナルに忠実な先マーセライズドした生地。
オリジナルをトレースしてから修正したパターン。
腰裏環縫い、二本針使いの綿糸縫製。

コーディネートの定番、ベーカーパンツ。
正式には「 Trousers Cotton Sateen 。
スタンダードはビンテージをバラしてトレース。股上だけ少し浅くしたもの。
バックサテンはヨコ糸が太く、筋張った表面が特徴。
7−8番クラスの太い糸。MIL-C-10296J と言うスペックを元に糸の太さ・打ち込み。
さらに、生地を染める前にマーセライズド加工
(アルカリによる生地表面をつるっとさせる)を施した、通称「先マーセ」。
通常は染めてからマーセライズドなのですが、
そこはスペックをよく読んでその再現を目指しました。
結果、ビンテージでよくある目が詰まって最初はそっけないまでの雰囲気。
穿き込むと色が強烈に落ちる風合いを再現できています。

製品はOW済です。

By.WORKERS

workersベーカーパンツ
workersベーカーパンツ

 実際に着てみた感想・サイズ選びについて


自分自身でもよく穿いている軍パン。
現行品も、ヴィンテージの実物も、それぞれ愛用しているものがありますが、
シルエットが現代的に整えられたりしているものよりは、
結局「らしい」太さのものに惹かれます。

僕が軍パンを選ぶ日は、いつもと変化をつけたくて選ぶので、
適度に太いもの。野暮ったさも残っているもの。そんな要素を大切にしています。

今期のワーカーズのもので言えば、
ご紹介の本作「ベーカーパンツ」が琴線に触れました。

ワーカーズでは毎シーズン、何かしらの形で軍パンが登場しています。
ミルスペックを読み込んでいるからこそのリアリティがワーカーズ軍パンの魅力です。
だから、今シーズンもリアリティがより強いもの。
「 スタンダードフィット」を推したいと考えました。

相応しいバランス。相応しい色が、やっぱり一番素敵かなと思います。

太いけれど、整っている風でもありますし、
普段着ている白いシャツをタックインするにも良いバランス。
革靴でも、スニーカーでも、何でも合う万能軍パンです。

By.Mamechico

 spec 仕様


●素材
 8.5オンス・コットン100% 硫化染めバックサテン
●附属
 尿素ボタン
●縫製
 総綿糸
●価格
 15000円(本体価格)
●寸法

XSサイズ:
ウエスト…38.0cm〜35.0cm(最大〜最少)※平置き採寸
レングス…78.0cm
前股上…30.0cm
後ろ股上…35.0cm
ワタリ…32.0cm
裾幅…22.0cm

Sサイズ:
ウエスト…40.0cm〜37.0cm(最大〜最少)※平置き採寸
レングス…79.0cm
前股上…31.0cm
後ろ股上…36.0cm
ワタリ…33.0cm
裾幅…23.0cm

Mサイズ:
ウエスト…43.0cm〜40.0cm(最大〜最少)※平置き採寸
レングス…79.5cm
前股上…32.0cm
後ろ股上…37.0cm
ワタリ…34.5cm
裾幅…23.5cm

お客様のお手元にお届けする、実際の商品の実寸を計測しています。
採寸方法による誤差はご容赦ください。
平置き採寸のため、身幅、袖口幅は2倍してお考えください。

前また上はクロッチ(後ろ身頃との境目)からベルト上端まで。
後ろまた上はクロッチ(前身頃との境目)からベルト上端まで。
ワタリはクロッチから下を水平に測っています。

サイズを選ぶ際は、股上の深さに注目してください。お手持ちのパンツで、股上の近いものを探し、そのパンツのウェスト周りと、上記寸法表を比較しサイズを選んでください。
パンツ、ボトムスの寸法計測の目安

ワーカーズブランドロゴ
Workers K&T/ワーカーズは、古いアメリカのワークウェアを基本に再現しつつ現代に合わせたものづくりをしている、岡山県倉敷市のブランド。デニムの聖地、岡山県倉敷市で企画・生産されています。オリジナルそのものを解体し、資料を辿り、時代背景にまで深く深く踏み込んだうえ、あくまで実用性に則した変更を加えていける柔軟性に私たち雑貨屋マメチコは、強く惹かれます。古着好きの「こうであって欲しい」を残しつつ、あくまで「今」着るために必要な要素を加えてリリースされる製品はクオリティと値段のバランスも良く、自信を持っておすすめできる製品です。

→その他の販売中のWORKERS商品を見る
  • ベーカーパンツ スタンダードフィット オリーブドラブ Baker Pants, Standard Fit, OD/Workers<img class='new_mark_img2' src='//img.shop-pro.jp/img/new/icons3.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' />

ベーカーパンツ スタンダードフィット オリーブドラブ Baker Pants, Standard Fit, OD/Workers

w216

16,200円(税込)

在庫状況 3・点

 
XS
S
M
  • サイズ
購入数
  • サイズ
 
XS
S
M

モバイルショップ


ビンテージ古着
WEB SHOP 探検隊

ヨーロッパ古着   Shop-Bell