1900-1920's French Antique Fabric


フランスアンティークストール
フランスアンティークストール
フランスアンティークストール
フランスアンティークストール
フランスアンティークストール
フランスアンティークストール

フランスのエッフェル塔は、1889年のパリ万国博覧会のために建設されました。
ドイツやアメリカが工業で発展していく中、フランスは装飾芸術に力を注ぎ、
のちのアール・ヌーヴォーと呼ばれる歴史的文化につながっていきます。

そんな芸術の転換期から数年後。

このファブリック(生地)は、1900年代初頭のフランスで作られたものです。

細番手のコットンで織られた素材感、インディゴで染められたブロックチェックが魅力的な一枚です。

手に取るとかろやかに、しなやかに、まるで蝶のように。

約100年前のフランスアンティークのファブリックとしてはかなり良い状態です。
首元を彩るストールとしてご提案します。

刻んできた年月による豊かな風合い。

白、水色、濃いブルーの3色で構成されていますが、
よく見ると、白い部分も単なる単色ではなく、均一ではない白さになっています。
現代の生地にはない情報量の多さが、体に巻いた時に自然に生まれるギャザーの形や陰影に反映して
美しい表情を生み出してくれます。

年月を経たこういうアイテムを現代の服に合わせることができるのは、
とても贅沢だなと感じさせてくれますね。

所有者の美意識を高揚させてくれる「現代を生きる私たちが楽しめるアンティーク」です。

経年による小さな傷、小穴、赤さびによる染みがみられます。
ヤブレを可愛いパッチでリペアした個所がみられ、その部分が可愛いワンポイントになっています。

約100年前のフランスで、きっと色々な方の手から手へ渡ってきたものでしょう。

以前の持ち主様がどれだけこの生地を大切にしてきたかが伝わってきますね。

By.Mamechico.

ストールの巻き方
たてに二つ折りにして、

ストールの巻き方
真ん中をくしゃっと掴みます。

ストールの巻き方
このくらいの両手の位置で、雑巾絞りの要領で、ゆるく1回ねじります。

ストールの巻き方
ストールの巻き方
ストールの巻き方
一回結んだり、マフラー状に軽く巻くだけでも綺麗にまとまります。

ストールの巻き方
コンパクトなシルエットにすることも可能。生地の質の良さを実感しました。

ストールの巻き方
ちょっと涼しい日は、たてに二つ折りした状態で…

ストールの巻き方
ストール状に羽織るのも素敵です。

ストールの巻き方
広げると180cm以上ありますので、贅沢にテーブルクロスやファブリックとしても楽しめます。

※女性モデルの身長は154cmです。

●寸法…181.5cm × 81.0cm

●商品について
古着ですので使用感等が必ずございます。サイズ・コンディションをご確認の上ご購入ください。掲載中の写真はデジタルカメラで撮影しております。できるだけ実物との差がないよう最善を尽くしておりますが、お客様のお使いのモニター等の設定によっても色が多少異なって見える場合がございます。
  • 1900-1920's French Antique Fabric
  • 1900-1920's French Antique Fabric

1900-1920's French Antique Fabric

vb003

0円(税込)

在庫状況 0・点

購入数

営業日カレンダー

2017年11月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
赤色:休業日(商品発送は翌日になります)

モバイルショップ

バーコード

ビンテージ古着
WEB SHOP 探検隊

ヨーロッパ古着   Shop-Bell