プレーンフィルビーマグ ダークアイボリー 1940年代製造 Fire-king ファイヤーキング(S-Aランク美品)














 プレーンフィルビーとは


米国アンカーホッキング社の耐熱ガラスブランド「ファイヤーキング」が生まれたのが1941年。
製造ラインナップの中でもごく初期に製造され、今ではブランドアイコン的存在の「Dハンドルマグ」の元となっているのがこの「フィルビー」と呼ばれるマグたちです。
Dハンドルマグやシェービングマグと比較しますと、ボディからボトムに至るまでが曲線ではなく直線状のフォルムになっているのが大きな特徴です。ハンドルは、のちに作られるDハンドルマグと同じ形状をしています。
元々、フィルビーとは当時アンカーホッキング社で工場員を務めていたフィルビー氏が考案したことからこの名前が付けられています。
フィルビーの食器シリーズの多くには、ギリシャ彫刻のように優美な曲線のエンボス模様が付けられていたのですが、これらのマグには装飾がありません。そのことから「フィルビーシリーズの中でもプレーンなマグ」ということで、一般的に「プレーンフィルビーマグ」と呼ばれています。

この、初期型の中でも特に初期型であるプレーンフィルビーマグには、テーブル接地面のブランドロゴ刻印が「ない状態」が、正しい状態です。

フィルビーシリーズの食器は「ファイヤーキングのお兄さん・お姉さんのような存在」とお考えいただくと宜しいかなと思います。

この直線状のデザインから、さらに技術に磨きをかけてゆくアンカーホッキング社。
フィルビーマグ、プレーンフィルビーマグ、Dハンドルシェービングマグ、Dハンドルマグ…と一緒に歴史順に並べていきますと、だんだんと細部の曲線が生まれていき、重量もじょじょに軽くなっていくことがわかります。

洋服や家具、自動車などにも言えることですが、「何か新しいものを開発しよう」となった時、初期のものにこそ良い材料をふんだんに使用して作成し、その経験を生かして軽量化できる箇所はコストを削減して大量生産できる仕組みを作っていきます。約80年以上も昔に作られたガラス食器が、このように現代を生きる私たちの手元で「丈夫で割れにくい耐熱ガラス」として今も使われているのは、この「良い素材をふんだんに使用している」からこその事なのです。

 色について


ファイヤーキングの中でも貴重なアイボリーシリーズは、色の濃さや形状も、ひとつひとつに微妙な個性があります。
特に、色はおおまかに3〜4パターンに分類されます。

・ダークアイボリー
・アイボリー
・ライトアイボリー(アイボリーホワイトとも呼ばれる)
・ホワイト

よく流通しているものが「アイボリー」で、最も色が濃い「ダークアイボリー」は
Fire-kingの中でも特に初期のほうに作られていたもので、レア度はとても高いです。

まるで濃いミルク味のキャンディーのような色合いは食卓の上でも優しい光を保ち、和食にも相性が良いです。

 形について


冷たい飲み物はもちろんのこと、冬場の冷えるデスクワークの時などにもおすすめ。
注ぎ淹れたコーヒーやお茶から伝わる熱が優しく手先を温めてくれます。

ハンドルの上部(角)に見える小さな凹凸は「Dハンドルマグ」にも継承されている特徴であり、ここが親指の位置になるため、片手でカップを持った時もしっかり安定します。
使えば使うほど、ミルクガラスの優しい口当たりに嬉しくなることでしょう。

 状態について


◆全体の色ツヤ…
 全体的にキラキラ、ツヤツヤとしています。

◆飲み口(リム)…
 全体的にキラキラ、ツヤツヤとしています。指で触った際も全体的になめらか、ツルツルとしています。
ほんのわずかではありますが、ハンドル接合部から最も遠い位置にある飲み口に1ミリほどのチップがあります。

◆本体外側…
 全体的にキラキラ、ツヤツヤとしています。
ファイヤーキングの「アイボリー」系の食器は、製造時にガラスを練った際に発生する白い曲線(練りムラとも呼ばれる)が生じる場合がとても多く、むしろ「練りムラの曲線が生じている状態が通常」と言えるのですが、こちらの食器にはそれもほとんど生じておりません。驚くほど綺麗な状態です。

◆テーブル接地面…
ロゴ刻印は、元からない状態が正しいシリーズです。がたつき、傾きもなし。

◆本体内側…
 全体的にキラキラ、ツヤツヤとしています。
内側側面の一部に、茶色いプチっとした触感の凹みがみられますが、それ以外は練りムラもなく綺麗な状態です。

◆内側の底面…
全体的にキラキラ、ツヤツヤとしています。
驚くほど綺麗な状態です。

大切な方へのプレゼントにもおすすめできるコンディションです。
また、食器の歴史のコレクションとしてもおすすめいたします。
詳しくは写真をご確認ください。
(S-Aランク美品)

 仕様について


原産国:アメリカ合衆国 アンカーホッキング社

製造:1940年頃

刻印:元から無いデザインのシリーズです。

素材:オーブン耐熱ガラス

サイズ:直径8.0cm、高さ8.5cm、ハンドル含めた横幅10.5cm

 日常のご利用について


台所用漂白剤・台所用洗剤の使用可能です。
食器洗浄機はガラス食器を傷める原因になりますので使用せず、柔らかいスポンジで手洗いでお願いします。

 歴史について


ファイヤーキングとは、米国の「アンカーホッキング社」が1940年代〜80年代まで製造していた耐熱ガラス製の食器です。ファイヤーキングは当時のアメリカの一般家庭やレストランでも広く愛用され、その耐久性や何百通り以上もあるパターンの豊富さから、日本や世界でもたくさんのコレクターに愛され続けています。製造されていた30年間の間には、ほんの数年間しか製造されなかったレア・アイテムなどもあります。アド(広告宣伝)マグをはじめ、企業のロゴや広告がプリントされたマグカップ等は当時のアメリカで販促用ノベルティとしても普及しました。知れば知るほど奥が深く、何よりもデザインの暖かみと使用感の良さが抜群。あなただけのお気に入りが、きっとみつかることでしょう。
  • プレーンフィルビーマグ ダークアイボリー 1940年代製造 Fire-king ファイヤーキング(S-Aランク美品)<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons3.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' />

プレーンフィルビーマグ ダークアイボリー 1940年代製造 Fire-king ファイヤーキング(S-Aランク美品)

mafk-753

40,700円(税込)

在庫状況 1・点

購入数

カテゴリー

営業日カレンダー

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2023年2月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
赤色:休業日(商品発送は翌日になります)

モバイルショップ

バーコード