Prisoner Coat Navy Melton Workers


workers Prisoner Coat
workers Prisoner Coat
workers Prisoner Coat
workers Prisoner Coat
※撮影時の男性モデルの体型…
身長168cm、肩幅44cm、胸囲95cm、ウエスト78cm、肩から手首までの腕の長さ55.5cm、股下から足首まで70僉体重62kg(普段、Workersのシャツは15サイズ、アウターは38サイズを愛用している体型です。)
※写真では、「40サイズ」をオーバーサイズで着用しています。

workers Prisoner Coat
workers Prisoner Coat
workers Prisoner Coat

 Workersが伝えたいこと


一時期、古着屋さんで「Prisoner Coat」という名称で出回ったコートが元ネタ。
N-1 のようにオフセットしたフロント、手を入れやすい大型のD ポケット。

冬にアウトドア系のジャケットをガバっと羽織る、あの感覚をウールジャケットでも実現できるよう身幅、袖ぐりはゆったり目。
さすがにアランニッをト着ると脇の下がきついのと、そもそも暑すぎる。

表地、ネイビーメルトンは16 オンスで極厚。
厚く固い生地ですが、パターンの妙で窮屈には感じない。

袖裏、いつもならキュプラを使うのですが、今年だけは原料糸が全く手に入らないのでポリエステルツイルに変更。
でも、ぱっと見は化繊とわからないぐらい今の化繊は良く、滑りもばっちり。
帯電もほぼありません。化繊=パチパチするという私の勝手な思い込みは自分が子供の頃の思い出でした。

身頃の裏地は綿ツイル。ここまで滑り良い化繊にしてしまうと、ちょっとWORKERS らしさが無くなるので。
ボタンはアメリカから輸入するWaterbury button company 製。

By.WORKERS

 詳細について


workers Prisoner Coat
「軽くて暖かい」は当たり前として、あのゆったりとしたシルエットでストレスを感じない部分は大きいと感じました。

そこで、Prisioner Coatの仕様はそのままに、シルエットをアウトドアウェア的なゆったり感を出してみました。実際、着た画像を見てもらうと・・・
身幅がゆったり、首回りも中にある程度ネックがあるものを着ても窮屈でない。

肩幅を出して、袖を太く。でも、袖口の絞りは以前と同程度でぶかぶかに成らないように。
落ち「気味」の肩。これが、落ち「すぎる」と返って着づらい、服の重みを感じてしまう。
入りすぎると腕を動かしたときに窮屈。若干の落ち「気味」を目指して型紙を調整しました。
workers Prisoner Coat
workers Prisoner Coat
トップボタンはしめても着られます。前合わせが深く、襟は真ん中まで来ない。左右に引いたデザイン。真ん中までくるとどうしても首が詰まって見えるのでひいています。

workers Prisoner Coat
襟腰のステッチ。二枚襟にすることも考えましたが、元ネタが1枚襟でその雰囲気は維持したい。でも襟腰にある程度固さが欲しい。

さらに、今回Navyが特にそうで、生地が固い。襟全面に芯を入れては固くなりすぎる。そこで・・・襟腰だけに毛芯を入れ、その毛芯をステッチでしっかり止めて襟腰のしゃっきり感、硬さを出しています。

裏襟はなじみを考えバイアスで裁断。でも襟腰はしっかり立ってほしいのでタテ地の目で1枚物。

workers Prisoner Coat
おなじみ、アメリカThe Waterbury Button Companyのボタン。最近、営業の人が変わってレスポンスが非常に悪いのが玉に瑕。今も4月末にはできると言っていたボタンが全く何の音さたも無いのに気づいて問い合わせ中です。

でもさすがアメリカと思うのは、こういう型があり、こういうクオリティでいまだに作ることができる事。最初に問い合わせしたときに「今は海外で作ってるの?」と聞いたら「今でもコネチカットで作ってるからいつでも見においで!」と言ってくれました。

workers Prisoner Coat
身頃裏地はコットン。ある程度滑りが良い、綾織り。少し厚手で表地の厚さに負けないように。
左右に内ポケット。シンプルな貼り付けですが、玉縁のように切れ込み入れない、生地の厚みも薄く仕上がるので許される製品であれば私は好きな仕様。
サイズネームはシンプルに。
workers Prisoner Coat
袖裏は今回ポリエステルツイル。いつもはキュプラでしたが、旭化成工場火災で材料がないため今、キュプラはほとんど国内に無いのです。
が、使ってみるとポリエステルツイルも良い。一番は寸法の安定。キュプラは水洗いするとどうしても縮みます。その縮みも考慮してゆとりを入れていましたが、それでもゆとりが無くなってしまうの見ると「突っ張ると裂けそうだよな」と心配していました。
その点ポリエステルは洗っても本当に変化が少ない。熱にも強い。
化繊というと、60/40クロスはコットン60/ナイロン40で熱にめっぽう弱く縮みます。ポリウレタンも消して熱に強くないし、挙句経年劣化で切れだす。そのイメージがあったのでですがポリエステルは試験結果を取り寄せたり、自分で洗ってみたりしても本当に強いです。現代が何でもかんでも化学繊維になってしまう理由もわからなくもないです。

workers Prisoner Coat
袖口を抑えるダブルステッチ。表地がかなり分厚くハリもあるのでダブルで収まりよく。

workers Prisoner Coat
外ポケット、左右に斜め切り。手を入れやすい角度。

workers Prisoner Coat
背面の肩甲骨下あたりのゆとり。アクションプリーツのように縦方向に皺が入っています。この皺は取ってはいけない皺。

人が手を下ろして静止した状態なので、ゆとりが皺というか、ヒダになっている状態。

By.WORKERS

 商品の仕様・寸法


●表地:16オンス・ウール90%ナイロン10%・メルトン
裏地:コットン100%・ツイル
袖裏:ポリエステルツイル

●付属 ウォーターベリー製金属ボタン

●縫製 ポリエステルスパン糸

●価格 50000円(本体価格)55000円(税込)

●寸法
※お客様にお送りする実際の商品の寸法を計測しています。

40サイズ
肩幅 49.0cm
身幅 62.0cm(※)
着丈 73.0cm
袖丈 59.0cm
袖口幅 15.0cm(※)

(※)の数値は平置き採寸のため、2倍してお考えください。
縫製、採寸方法による誤差はご容赦ください。

 通販で適切なサイズを選ぶには


ご自身が普段から愛用しているお手持ちの服を床などの平らな場所に置き、
下の画像と同じように寸法を測って、購入検討中の商品のサイズの数値と照らし合せる方法が確実です。
アウター、トップスの寸法計測の目安

 このブランドの「ココ」が良い!


ワーカーズブランドロゴ
Workers ワーカーズは、古いアメリカ・ヨーロッパのウェアを基本に再現しつつ現代に合わせたものづくりをしている岡山県のブランド。オリジナルそのものを解体し、資料を辿り、時代背景にまで深く深く踏み込んだうえ、あくまで実用性に則した変更を加えていける柔軟性に私たちマメチコは強く惹かれます。古着好きの「こうであって欲しい」を残しつつ、あくまで「今」着るために必要な要素を加えてリリースされる製品はクオリティと値段のバランスも良く、自信を持っておすすめできる製品です。
  • Prisoner Coat Navy Melton Workers<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons3.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' />

Prisoner Coat Navy Melton Workers

w413

55,000円(税込)

定価 55,000円(税込)

在庫状況 0・点

4055,000円(税込)
0・点
  • サイズ
購入数
  • サイズ
4055,000円(税込)
0・点

営業日カレンダー

2023年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2024年1月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
赤色:休業日(商品発送は翌日になります)

モバイルショップ

バーコード