Heavy Sweat RYO-V Grey Workers


workers Sweat
workers Sweat
workers Sweat

workers Sweat
workers Sweat

 Workersが伝えたいこと


今年の丸首は両V。昨年が首回り「バインダー」に対し「つけ襟」。好みの問題ですが、バインダーより少しヘナっとしたつけ襟、これはこれでビンテージライクで良い。でも、古着の伸び切った襟は今の自分が着たい形では無い。そこで、リブのテンションを調整して開きすぎず、つまりすぎず。

身頃のパターンはビンテージの「着丈が縮んじゃった」感 じは再現しつつ身幅はしっかりある。めったに見つからない「大きいサイズのビンテージ」を新品だから再現。

表30 番・中30 番・裏7 番で、裏の糸ループを短く編み、 さらに起毛をかけた本格的冬用スウェットです。18ゲージでガチガチに目を詰めて編んでいるので形崩れしにくい。重さ15 オンス程あり、いわゆる「超ヘビーウェイトスウェット」 でも化繊は使っていないのでしなやか。

個人的に、キャンバーのあの固さも好きですが、あれとは違う。厚い、重い、で もしなやかなのがWORKERS スウェットの良さです。

リブも綿100 糸で編み方だけで伸縮性を持たせたリブ。

By.WORKERS

 詳細について


workers Sweat
首回りの型紙を作る時に大事なのは

「頭はすっぽり通る」

「でも首回りはフィットする」

二律背反する要素を実現する事。今回の「つけ襟」という仕様はこのバランスを作りやすい。身頃の首回りより短いリブを縫い「つけ」るので。

前後両V。はめ込み式、かつVは生地を二重。おそらく、先ほどの「頭は通るぐらい伸びる、でも首にはフィットする」を実現するための仕様。

綿100%の裏毛(身頃に使っている)は伸び縮みが少ない。それに対し、リブは綿100でもある程度伸び縮みする。そこで、身頃の一部をカットしてリブで置き換えるのがこのVの意味。身頃では足らない「頭を通る時の伸び」が「V字のリブ」であれば実現できるので。

これがもっと後の年代になれば、身頃の編み自体がもっと緩くなったり、伸縮性のある化学繊維を材料自体に混ぜたり。Vをつけなくても機能性が担保できるからVは無くなるわけです。何よりVつけるのは手間なので、機能さえあれば無くしたいのが本音でしょう。

workers Sweat
身頃の首リブのつなぎ部分。先に裏でつないで、通称「マタギ」という縫い方で表も・裏もロック目が出る。補強&ある程度伸びに対応する縫製。

workers Sweat
ネームはランネコ。やはり、人も猫も、クラシックなスウェットは走ってないとダメです。

workers Sweat
直線的なパターン。肩が落ち、直線的な袖付け。古いスウェットのパターンを参考にしつつ、めったにビンテージで出てこない「大きめサイズ」をパターンで再現しています。

workers Sweat
脇・袖口のリブ始末。ここは首回りと同じ、つないでから「マタギ」で始末するのですが、裏だけ振りミシン(ロック目)。表はダブルステッチ。

「マタギ」と呼ばれる理由は、縫い目を「またいで」縫うから通称「マタギ」と呼んでいます。機構としては、ジーンズなどのベルトループと同じ。表がダブルステッチ、裏が振りミシン。さらに、このダブルステッチにも振りをつけることができて、「両面振り」とか「裏振り」とか指定します。

workers Sweat
背面側のV。ここもはめ込み式、かつVは生地二重。「縫ってください」と頼んでおきながら思いますが、手間かかる仕様です。頼んでる工場さん、上手いですね、ステッチ見ても。正直、単価はかなりお高めなのですが、生地の作成から最終縫製まで、一貫で相談できる工場さんなのでここが良いのです。

カットソーは生地厚、縫製仕様の組み合わせがシビアなので、私の知見だけだとどうしても足らない。布帛だったら、自分の得意ジャンルはそうそう引けを取らない自信はありますが、カットソーだけは共同作業です。

By.WORKERS

 商品の仕様・寸法


●素材  15オンス・コットン100%・ヘビー裏毛

●縫製 総ポリエステルスパン糸

●価格 15000円(本体価格)16500円(税込)

●寸法
※お客様にお送りする実際の商品の寸法を計測しています。

Mサイズ
肩幅 60.0cm
身幅 60.0cm(※)
着丈 70.0cm
袖丈 52.0cm

Lサイズ
肩幅 65.0cm
身幅 68.0cm(※)
着丈 70.0cm
袖丈 54.0cm

平置き採寸です。(※)の数値は2倍してお考えください。
縫製および採寸方法による誤差はご容赦ください。

 通販で適切なサイズを選ぶには


ご自身が普段から愛用しているお手持ちの服を床などの平らな場所に置き、
下の画像と同じように寸法を測って、購入検討中の商品のサイズの数値と照らし合せる方法が確実です。
アウター、トップスの寸法計測の目安

 このブランドの「ココ」が良い!


ワーカーズブランドロゴ
Workers ワーカーズは、古いアメリカ・ヨーロッパのウェアを基本に再現しつつ現代に合わせたものづくりをしている岡山県のブランド。オリジナルそのものを解体し、資料を辿り、時代背景にまで深く深く踏み込んだうえ、あくまで実用性に則した変更を加えていける柔軟性に私たちマメチコは強く惹かれます。古着好きの「こうであって欲しい」を残しつつ、あくまで「今」着るために必要な要素を加えてリリースされる製品はクオリティと値段のバランスも良く、自信を持っておすすめできる製品です。
  • 【2023年11月新作】Heavy Sweat RYO-V Grey Workers<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons3.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' />

【2023年11月新作】Heavy Sweat RYO-V Grey Workers

w415

16,500円(税込)

定価 16,500円(税込)

在庫状況 2・点

M
L
  • サイズ
購入数
  • サイズ
M
L

営業日カレンダー

2023年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2024年1月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
赤色:休業日(商品発送は翌日になります)

モバイルショップ

バーコード