シュガーローレルピーチラスター 1952年頃〜1960年代初頭製造 Fire-king ファイヤーキング(ABランク品)




Fire-kingでいう「シュガー」とは、当時のアメリカでコーヒーや紅茶を楽しむ際の「砂糖入れ」として使用されていた食器を指します。左右両側にハンドルがある左右対称な形状が一般的です。
こちらの食器には、ボディ側面に月桂樹(ローレル)の葉っぱを立体的に配置した美しいデザインになっています。まるでスポーツの優勝カップのようでもあり、華やかな食卓のアクセントになります。

ピーチラスターの食器シリーズは「黄色い桃」という名称のとおり、果物の黄桃のような、「輝くオレンジ色」に近いような、深みのある色です。

 ボディ側面の状態







ボディ側面の一部に、短いタテ線状にまとまった小傷あり。
おそらく、当時の誤った洗浄方法などにより発生した後天的なものと思われます。
そのようなごく表面上のスクラッチ跡以外は、
食器自体には外部衝撃によるヒビや割れはなく、きれいな状態です。

 ハンドルの状態






ハンドル下部に色褪せあり。
持ち手ハンドルを下から見た時、ハンドル内側の上部にわずかなヒビがみられます。
食器のサイズ的に、内容物を入れての使用時に破損するほどの状態ではございませんが、状態を鑑み、お値下げ価格となっています。

 内側の状態




食器としての使用感はほとんど感じられません。
新品同様の綺麗な状態です。

 リム(ふち)の状態









割れなし、段差なし。
リム外側の一か所に針の先ほどのプチっとしたわずかなチップがみられます。

 テーブル接地面の状態



がたつきなし、ぐらつきなし。安定しています。
ロゴ刻印も綺麗に出ています。


上記の点がございますため、お値下げ価格になっております。
普段使いにおすすめのコンディションです。
詳しくは写真をご確認ください。
(ABランク品)

 仕様について


原産国:アメリカ合衆国 アンカーホッキング社

刻印:OVEN Fire-king WARE MADE IN U.S.A.

素材:オーブン耐熱ガラス

サイズ:サイズ:直径8.3cm 高さ8.3cm ハンドル含めた全体の横幅12.0cm

 日常のご利用について


台所用漂白剤・台所用洗剤の使用可能です。
食器洗浄機はガラス食器を傷める原因になりますので使用せず、柔らかいスポンジで手洗いでお願いします。

 歴史について


ファイヤーキングとは、米国の「アンカーホッキング社」が1941年〜1986年まで製造していた耐熱ガラス製の食器です。ファイヤーキングは当時のアメリカの一般家庭やレストランでも広く愛用され、その耐久性や何百通り以上もあるパターンの豊富さから、日本や世界でもたくさんのコレクターに愛され続けています。製造されていた30年間の間には、ほんの数年間しか製造されなかったレア・アイテムなどもあります。アド(広告宣伝)マグをはじめ、企業のロゴや広告がプリントされたマグカップ等は当時のアメリカで販促用ノベルティとしても普及しました。知れば知るほど奥が深く、何よりもデザインの暖かみと使用感の良さが抜群。あなただけのお気に入りが、きっとみつかることでしょう。
  • シュガーローレルピーチラスター 1952年頃〜1960年代初頭製造 Fire-king ファイヤーキング(ABランク品)<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons3.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' />

シュガーローレルピーチラスター 1952年頃〜1960年代初頭製造 Fire-king ファイヤーキング(ABランク品)

mf184

2,200円(税込)

在庫状況 1・点

購入数

営業日カレンダー

2024年4月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
2024年5月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
赤色:休業日(商品発送は翌日になる場合がございます)

モバイルショップ

バーコード