Dハンドル シェービングマグジェダイ 1952年〜1955年頃製造 Fire-king ファイヤーキング



 側面・ハンドルの状態





ハンドルは全体的にとてもきれいな状態です。
側面も、全体的に新品同様の食器特有のツヤ、きらめき、光の反射を感じます。

 リム(飲み口)付近の状態





全体的に美しいツヤが保たれており、がたつき、ぎざぎざ、ザラザラ等はございません。
ハンドル接合部に近い一か所に黒い汚れのようなものがみられます。
写真ではハンドル接合部から最も遠い飲み口に若干のフレアバイトのようなものが見えますが、実際は指でさわるとなめらかできれいな状態です。

 内側の状態





内側の底面には使用感は感じられず、ツヤツヤ、ピカピカと美しい状態です。
内側底面の中央部にごく浅い丸いひっかき傷のようなものがみられます。
底面に近い内側の側面の一部が、おそらく当時の洗浄によるものと思われるツヤ消えが生じています。

 底面の状態



テーブル接地面にごく近い一か所に、ごく亀裂かヒビのようなラインが確認できます。
このラインはテーブル接地面とほぼ平行であることと、内側の飲み物が入る場所の位置には干渉していない位置で発生していることから、おそらくボトム付近の形状が鋭角になっているためテーブルなどに当たって生じたものではないかと思われます。


ぐらつき、がたつきなし。安定しています。
ロゴ刻印もきれいに出ています。
ごく外側に近い円周上が、ほんのわずかに白っぽく感じられます。
平面にある線はガラスの製造時の練りによるものです。
底面の半分ほどにわたり、光を当てた時に薄いカルキ跡のようなものがみえます。

上記の点がございますため、お値段に反映させていただきました。
詳しくは写真をご確認くださいませ。

 Dハンドルマグとシェービングマグの違い


Dハンドルマグとシェービングマグの違い
ファイヤーキングブランドを代表する食器といえばDハンドルマグですが、こちらは別名「フラットボトムマグ」とも呼ばれる、1940年代からアンカーホッキング社で製造されていた「シェービングマグ」と名付けられたマグです。

外観はDハンドルマグに似たフォルムをしていますが、ボディ全体のフォルムがDハンドルマグよりも直線的な形状になっていること、ロゴ刻印のある底面がまっすぐ平らな形状をしていること、ミルクガラスがたっぷりと使用されていてDハンドルマグよりも重量感がある点などが主な特徴です。
(※まれにシェービングマグよりも重量のあるDハンドルマグが発見される場合もありますが、そういったDマグはレアアイテムとされています。)

ちなみに、当店で取扱中の商品で重さを測りましたところ、Dハンドルマグの重量は「約220g〜230g前後」、シェービングマグは「約260g〜280g前後」でした。

当時の食器は工業製品といえども、ほぼ手作りに近い製造環境でしたため、その時の工場や製造ロットなどにより同じ食器であっても1点づつ重さやガラスの厚み、時には色合いや形状などにも個体差が生じています。そこがFire-kingをはじめとするヴィンテージ耐熱食器の魅力でもあります。

この重量感により、滑りやすい素材のテーブルの上でも安定感があり、使いやすいです。
カラバリエーションは「ジェダイ」と「アイボリー」が確認されています。

シェービングマグはファイヤーキングが製造されていた時代の中で、ごく初期にだけ作られていた食器のため、Dハンドルマグよりも新品同様のものを見つけるのはかなり困難。綺麗なコンディションのものは、とても貴重です。

By.MameChico

 あなたの両手に寄り添って、心と暮らしを豊かにするDハンドルマグ


ハンドルの部分がアルファベットのDの形をしていることから、Dハンドルマグと呼ばれています。
ファイヤーキングを代表するマグカップのひとつ。
指がしっかり入り、ホールド感が安心のハンドル。
マグカップを両手で包むように持った時に手のひらの外側の部分、第一関節、そして指先までがカップ本体に優しくフィットします。

冷たい飲み物はもちろんのこと、冬場の冷えるデスクワークの時などにもおすすめ。
注ぎ淹れたコーヒーやお茶から伝わる熱が優しく手先を温めてくれます。

ハンドルの上部(角)に見える小さな凹凸も「Dハンドルマグ」の特徴であり、ここが親指の位置になるため、片手でカップを持った時もしっかり安定します。

使えば使うほど、ミルクグラスの優しい口当たりに嬉しくなることでしょう。

 仕様について


原産国:アメリカ合衆国 アンカーホッキング社

製造:1950年代前半

刻印:OVEN Fire-King WARE

素材:オーブン耐熱ガラス

サイズ:横8.5cm×高さ8.5cm×ハンドル含めた横幅10.5cm

重さ:約265g前後

容量:約240ml

状態:Aランク品

 日常のご利用について


台所用漂白剤・台所用洗剤の使用可能です。
食器洗浄機はガラス食器を傷める原因になりますので使用せず、柔らかいスポンジで手洗いでお願いします。

油汚れもご家庭の洗剤でサッと落ちて、泡ぎれも奇麗。
合理性を好むアメリカならではの、シンプルながら工夫を凝らしたデザイン。
その頑丈さは、製造から50年以上が経過した現在でも生きており、毎日の食卓に、ハッピーと輝きを与えてくれます。当時の工業製品は人力に頼るところが多かったため、わずかな重さや個性が食器のひとつひとつにみられるのもヴィンテージ・ファイヤーキングの楽しみでもあります。

 歴史について


ファイヤーキングとは、米国の「アンカーホッキング社」が1941年〜1986年まで製造していた耐熱ガラス製の食器です。ファイヤーキングは当時のアメリカの一般家庭やレストランでも広く愛用され、その耐久性や何百通り以上もあるパターンの豊富さから、日本や世界でもたくさんのコレクターに愛され続けています。製造されていた30年間の間には、ほんの数年間しか製造されなかったレア・アイテムなどもあります。アド(広告宣伝)マグをはじめ、企業のロゴや広告がプリントされたマグカップ等は当時のアメリカで販促用ノベルティとしても普及しました。知れば知るほど奥が深く、何よりもデザインの暖かみと使用感の良さが抜群。あなただけのお気に入りが、きっとみつかることでしょう。
  • Dハンドル シェービングマグジェダイ 1952年〜1955年頃製造 Fire-king ファイヤーキング<img class='new_mark_img2' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons3.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' />

Dハンドル シェービングマグジェダイ 1952年〜1955年頃製造 Fire-king ファイヤーキング

mf353

8,980円(税込)

在庫状況 0・点

購入数

営業日カレンダー

2024年3月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2024年4月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
赤色:休業日(商品発送は翌日になる場合がございます)

モバイルショップ

バーコード